人生における大きな買い物だからこそ、慎重に調べて検討していきたい不動産の購入。
まずは不動産を購入するまでの流れを押さえておきましょう!

1

情報収集・希望条件の整理

まずは、情報収集と希望する条件の整理をしましょう。希望のエリアはどこなのか、どのくらいの価格で売られているのか、物件の相場はどれくらいなのか、実際に住んでみたい物件・土地など、情報収集をしておく必要があります。
また、自分で建てるのか、既に建てられた物件を購入するのか、マンションなのか戸建てなのかなど、希望する条件の整理をすることも大切です。
どんな違いがあるのか、メリット・デメリットなども確認しておくと良いでしょう。

仲介手数料が無料になるか確認する

2

購入相談

不動産購入に関しては、不動産会社に相談するのが一番です。
自身での情報収集だけでは把握しきれない実際の相場や売却状況など不明点の相談や、条件と予算感から物件を提案してくれるので、検討の幅も広がります。
当社では、宅地建物取引士を保有している専門スタッフと、提携しているファイナンシャルプランナーがご希望の条件をお伺いしながら、土地や物件をご紹介いたします。
また、土地・建物ご購入に関わる不明点や相談にもわかりやすく丁寧に対応いたしますのでご安心ください。

店舗・オンライン・LINE相談申し込みフォーム

3

資金計画

自己資金や収入からしっかりとした資金計画・返済計画を立てることが大切です。
購入代金以外にも、仲介手数料や税金などの諸経費がかかります。
更に引っ越し代金などもかかることから、どのくらい費用がかかるのかをしっかりと把握しておきましょう。
ご家族からの贈与などを受け取る場合、早めに相談しておくとよいでしょう。
多くの人が住宅ローンを組み不動産を購入します。住宅ローンの種類やどこから借り入れるのか、月々の返済額がいくら位になるのかもこのタイミングで明確にしておきましょう。

FP無料相談はこちら

4

物件見学

インターネットでの物件の情報収集や不動産会社への相談で、気に入った物件・土地が見つかれば、実際に見学してみましょう。間取りや写真の情報だけではわからなかった物件の状態や周辺環境などを直接体感することで実際に住むイメージが膨らみます。

見学時のチェックポイント

☑︎ 建物の外観の確認
壁や屋根の塗装やひび割れなどの確認、庭や駐車場の広さを見ておくと良いでしょう
☑︎ 周辺環境のチェック
スーパーやコンビニなどのお店の有無、学校などの近隣施設、交通量やゴミ捨て場の確認などを確認しましょうbr>
☑︎ 物件の室内のチェック
物件の購入であれば、実際の室内の設備や傷・汚れ、コンセントの位置なども見ておきましょう

5

購入申し込み

購入を決めたら、購入申込書を記入し書面にて購入の意思表示を行います。
売り主様との契約条件を確認し、売買契約を進めていきます。このとき、「申込証拠金」として事前にお金を預けることもあります。

住宅ローンを希望する方は、このとき事前審査の申し込みも行います。
源泉徴収票などの必要書類を銀行に提出し、通常であれば数日〜1週間以内に審査結果が出ます。
また、購入にかかる諸費用に関してもこの時点で明確に把握しておきましょう。

6

不動産売買契約

重要事項説明

お申込書の提出と契約条件の確認後、不動産会社の宅地建物取引士から購入物件に関する重要事項説明を受けます。
重要事項の説明の内容をよく理解しないまま契約し、トラブルに発展するケースもありますので、
わからないことがあれば必ず不動産会社に質問するようにしましょう。

売買契約の締結

重要事項説明に納得頂いた後、売買契約書に買主様・売主様が署名・捺印を行います。契約にあたって必要な書類等があるため、事前に不動産会社に確認をとっておきましょう。 契約時に必要なもの
●印鑑
●本人確認書類(免許・パスポート)
●売買契約書貼付印紙または印紙代
●手付金・仲介手数料
※物件によって必要なものが変わリます。
不動産売買契約は、取引内容や当事者の権利・義務を明らかにし、確実な契約の成立をすることを目的としています。
そのため、不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいて買主様・売主様が権利や義務を履行します。
違反すると違約金の支払いが必要になる場合もあるため、不明点は明らかにしておきましょう。
また、このとき手付金や仲介手数料の支払いも発生しますので、準備しておきましょう。

7

住宅ローンの申し込み・契約

住宅ローンを利用する場合は、売買契約後に金融機関で住宅ローンの申し込み手続きを行います。
選択する住宅ローンの種類やプランによって申込時に必要な書類も変わりますので、契約する金融機関または不動産会社に確認をとっておきましょう。
セルフリジェネレーションでは、提携しているファイナンシャルプランナーによる住宅ローンのご相談やお手伝いを無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

8

残代金決済・引き渡し

住自己資金での購入または住宅ローンの承認が降りたら、売主様に残代金を支払い、物件の引き渡しとなります。
このとき、所有権移転登記も行われます。

必要なもの

●印鑑
●住民票
●実印
●印鑑証明書
●金融機関預金通帳・本人確認書類(免許証・パスポート等)・残代金
●登記費用・固定資産税・管理費等の清算金・ローン諸費用
●仲介手数料・火災保険料 など…

必要事項を入力して
無料査定スタート

仲介査定スタート

お役立ちブログ

不動産を売却・購入する前に知っておいて損はない不動産知識をお届けします

お役立ちブログ記事一覧

カテゴリ一覧