お役立ちブログ

Blog

2022.09.07  BLOG

不動産買取にはどれくらいの期間がかかるの?流れも含めて解説します!

不動産の買取をご検討中の方はいらっしゃいますか。
いらない不動産を売却することで不必要な税金の支払いを避けられます。
しかし、不動産買取にかかる期間や流れをご存じでない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産売却の流れや期間、不動産買取を選ぶメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□不動産売却の流れとは?

ここでは不動産売却がどのような流れで進むのか、またその期間はどれくらいなのかについてご紹介します。

まずは、価格査定が行われます。
適正な価格を決定するために必ず踏まれる工程です。
これはあくまでも不動産による予想価格なので、不動産会社を変更すると査定価格も変わります。

次に、不動産会社との売買契約を結びます。
査定した結果、依頼する不動産会社が決定したら、売買契約を結びます。
売買契約を締結したら、売却活動が開始されます。

ここまでの流れは約半月から1カ月程度くらいでしょう。

売却活動が開始されたら、目安として売買契約の締結までに約3カ月程度かかるでしょう。
この期間に関しては、物件によって変わるので、これよりも早く結ばれることもありますが、3カ月以上かかってしまうことも少なくありません。

最後に、引き渡しです。
これは売買契約を締結した後のステップです。
売買毛役と引き渡しは別日で行い、大体1カ月程度期間が開くのが一般的です。
その間に買い主は住宅ローンの審査を行います。
そのため、審査が通らないと1カ月以上たってしまうこともあるので注意しておきましょう。

□不動産買取を選ぶメリット

ここでは不動産買取を選ぶメリットをご紹介します。

*買い手を探さなくていい

不動産買取では直接不動産会社が不動産を買い取ってくれるので、販売活動を行う必要はありません。

*すぐに現金化できる

不動産買取は仲介を挟みません。
前章で説明したように不動産売却は仲介を行うと時間がかかってしまいます。
しかし、不動産買取では、不動産会社が不動産を買い取ってくれるので、最短1カ月で取引を完了させられます。

不動産の売却活動を行う時間がない方、すぐに現金を手に入れたい方にとって不動産買取はとても適している売却手段でしょう。

□まとめ

今回は、不動産売却の流れと期間、不動産買取のメリットについてご紹介しまいした。
不動産買取を行うメリットは二章でも挙げた通り、買取完了までの速さです。
今回の記事を参考に不動産買取を検討されている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。