お役立ちブログ

Blog

2022.08.02  BLOG

マンションを売却する前のリフォームは損をする?詳しく解説します

マンションを売却する前にリフォームを行おうか考えている方はいらっしゃいますか。
マンションを売却する前にリフォームを行うと損をしてしまうケースがあります。
そこで今回は、リフォームを行うことで損をしてしまうケースについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□リフォーム・リノベーション・ハウスクリーニングの違いとは?

ここでは、まずリフォーム、リノベーション、ハウスクリーニングについてどのような違いがあるのかについてご紹介します。

まずリフォームについてです。
リフォームは最もなじみのある言葉ではないでしょうか。
水回りの設備だけを変えたり、壁紙やフローリングを張り替えたりするのもリフォームです。
またこれらを同時に行ってしまうフルリフォームというものもあります。

続いて、リノベーションです。
リノベーションは既存物件に大規模工事を行うもので、リフォームよりも規模が大きくなります。
リフォームは老朽化した物件を元に戻すことですが、リノベーションは性能や物件の価値を高めたりするというものです。

最後にハウスクリーニングです。
ハウスクリーニングはその名の通り、物件のクリーニングを行うものです。
水まわりのクリーニングを行ってもらうことで、生活感が消え、清潔感が出ます。
物件の売却の際にはハウスクリーニングを行っておくと印象も良いでしょう。

□マンション売却前にリフォームを行うと損をする理由とは?

ここではマンションの売却前にリフォームを行うことによって損をしてしまう理由についてご紹介します。

*マンションの価値は内装では決まらない

マンションの価値は内装ではなく、築年数によって決まります。
もちろん内装のきれいさも大事ですが、建物の構造自体はリフォームで変えられるものではないためです。
そのためリフォームを行ったとしても、それにかかった費用に見合った売却額にならない場合が多いので、リフォームをする際にはよく検討する必要があります。

*中古マンションを購入する方は自分でリフォームをする

中古マンションの購入をご検討されている方の多くは、購入後に自身でリフォームをしようとご検討されている方が多いです。
そのため、売り主側がリフォームをせずとも、自分好みにリフォームする方が多いので、あまり必要ないといえるでしょう。

□まとめ

今回はリフォーム・リノベーション、ハウスクリーニングの違いとリフォームを行うことによってかえって損をしてしまう理由についてご紹介しました。
マンションの売却をご検討されている方はぜひ当社までご相談ください。
お待ちしております。