お役立ちブログ

Blog

2022.05.30  BLOG

空き家が増える理由とは?空き家の放置で発生する問題やリスクをご紹介!

「空き家が増加する理由が知りたい」
「空き家の放置で発生する問題とリスクについて知りたい」
この記事では、空き家が増加する理由と空き家の放置で発生する問題とリスクについて紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。

□空き家が増加する理由とは?

日本国内において空き家が増加する理由を3つ解説します。

1つ目は、少子高齢化による人口減少です。
日本の総人口は、どんどん減少しています。
今後も少子高齢化は進み、人口の減少は止められないと考えられます。
近年の日本では、核家族が増えています。
1世代に1軒の住宅に住むことが一般化してきているため、実家が空き家になっていくケースが多く見られます。

2つ目は、固定資産税の増加対策です。
これは、空き家が増加してしまう要因の一つとして挙げられます。
空き家の固定資産税は、空き家を解体して更地にした状態よりも税金は安くなります。
そのため、土地だけを保有するよりも、空き家の状態で置いておく方が多いのです。

3つ目は、新築住宅の供給過多です。
日本は、中古住宅の流通量が少ない国であり、9割近くが新築住宅といわれています。
多くの中古住宅があるにもかかわらず、日本での新築住宅の需要が高いため、空き家の増加は今後も予想されます。

□空き家の放置で発生する問題とリスクについてご紹介!

空き家の放置で発生する問題とリスクについて5つ紹介します。

1つ目は、建物の老朽化です。
人が暮らしていない住まいは一般的に老朽化しやすいといわれています。
老朽化を防ぐためには、定期的な設備点検や通風、通水などが必要です。

2つ目は、植栽や雑草などによる景観の悪化です。
放置された住まいでは植栽が手入れされていない場合が多いです。
また、雑草などの繁殖で、周囲の街並みなどを乱す恐れがあります。

3つ目は、防犯上の不安です。
不審者の不法侵入や粗大ゴミなどの不法投棄の被害を受けやすくなります。

4つ目は、防災上の不安です。
地震などの災害が発生したとき、倒壊して避難路をふさぐといった防災上の大きな問題を招きやすくなります。

5つ目は、空き家などの適正管理条例です。
自治体が空き家の所有者に対し、適正な維持管理に必要な措置を勧告することができます。
これにより、指導や改善命令を受ける可能性があります。

□まとめ

この記事では、空き家が増加する理由と空き家の放置で発生する問題とリスクについて紹介しました。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
担当者がしっかりサポートします。

=================
まずは、不動産の価格が知りたい方は、AI査定をご利用ください。
査定結果がすぐメールで送られてきます!
=================


=================
売却後の税金等についてご相談をご希望の方は、
当社顧問の不動産専門税理士に初回無料でご相談が可能です!
=================

=================
まずは、LINEで相談した方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。