お役立ちブログ

Blog

2022.02.26  BLOG

土地を高く売るには3つのコツを抑えよう!スムーズな土地の売り方もご紹介!

この機会に土地を売りに出すのであれば、できるだけ高く売りたいとお考えの方は多いでしょう。
そこで今回は、土地を高く売るコツについてご紹介します。
土地を高く売りたいがやり方が分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

土地をできるだけ高く売るために効果的な3つのコツとは

少しでも高額で土地を高く売るには、以下の3つのコツを試してみてはいかがでしょうか。

1つ目は、1月から3月に売却することです。
1月から3月は、新年が始まり新生活を始める方が増える時期でもあります。
そのため、この時期に土地や物件を売り出すと、需要があるため高く売れやすいです。

物件のない更地で新たに建物を建てようとする場合、春に完成するように1月あたりから土地を購入する方が多いでしょう。
土地を売りに出したい場合は、1月ごろから売りに出しておくことをおすすめします。

その他にも、9月から11月も土地が売れやすい時期とも言われています。
この時期には企業によっては人事異動が増えます。
土地を高く売りたい場合は、需要の高い期間に売りに出すことがコツです。

2つ目は、境界線をはっきりさせることです。
土地を売りに出す場合は、境界線に注意しましょう。
境界線が曖昧で、隣家などとトラブルになる可能性があります。
境界線を確認できる「土地測量図」と「土地境界線確認書」は、受け取りに3ヶ月ほどかかるため、早めに用意しておきましょう。

3つ目は、内覧前に土地を良い状態に整えることです。
雑草が生い茂っているような土地では、買う気さえ失せてしまう可能性がありますよね。
また、ごみなどが散乱していると、減額を交渉されてしまう場合があるため、事前に綺麗にしておくようにしましょう。

スムーズな売却をするために書類を早めに揃えましょう

土地の需要が高まる時期に合わせて売却するためにも、できるだけ早めから必要書類を集め始めることがおすすめです。
書類に不備があったり抜けがあると、売却までの手続きが滞ってしまう可能性があります。
また、書類の中には、役所などに行って申請が必要な書類があります。
これらは通常、取得するまでに一定期間が必要になるため、特に注意しましょう。

まとめ

土地の売却でお困りの方は、ぜひ私たちセルフリジェネレーション合同会社にお任せください。
当社の仲介料無料相談では、お気軽に土地の売却に関するお悩みをご相談していただけます。
また、専属のエージェントがお客様1人ひとりをサポートいたしますので、土地の売却が初めての方も安心してご利用いただけます。



 

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。