不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

不動産売却の依頼はどこがいいの?不動産会社の選び方について紹介します!

これから不動産の売却をしようと考えている方の中には、「不動産を売りたいけど、依頼先はどこがいいのかな」とお悩みの方が多くいらっしゃるでしょう。
不動産売却をしたことがない方にとっては、依頼先選びは非常にハードルが高いですよね。
そこで今回は、不動産会社の選び方について紹介します。

□不動産会社を選ぶポイントを紹介

不動産会社を選ぶというのは初めての方にとっては非常に難しいことです。
そのため、ここでは不動産会社を選ぶ際のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ポイント1:遠方の不動産会社でないこと
最近ではインターネットを通じて不動産を売却することが増えてきているので、不動産と依頼する会社の距離というのは関係ないかもしれません。
しかし、実際は不動産と依頼先の会社が近いほうが良いです。

理由としては、地元の事情を詳しく知っていることが挙げられます。
地域事情に詳しい場合、より適切な査定額をつけられます。
また、不動産の購入を検討している方へ、不動産の良さだけでなく、そのエリアの魅力をアピールできるでしょう。
不動産を購入する際には、エリアの治安や交通量、子育てのしやすさを検討する方が多いので、その点に詳しい会社に依頼したほうが良いでしょう。

ポイント2:インターネット広告を頑張ってくれる
どうしても不動産と聞くと駅前に店舗のある不動産会社をイメージする方も多いのではないでしょうか。
しかし、最近はインターネット広告に力を入れている会社が不動産売買の仲介に強くなってきるのです。
実際、インターネットで不動産を探している方も多くいらっしゃるので、インターネットの力を最大限活用できたほうが良いですよね。

ポイント3:専門性がある
ここでいう専門性とは、売却しにくい不動産を高度な知識や経験によってきちんと売却させられる対応力のことを指します。
こうした対応力のある不動産会社に依頼することができれば、売却が難しい状況でも力になってくれることでしょう。
わからないことや不安に思っていることを解消してくれるかどうかで判断することをおすすめします。

ポイント4: アドバイス力がある
不動産売却をする際には、リフォームやハウスクリーニングをすることがあります。
これらはしたほうが良い場合としなくても良い場合があります。
売りやすくするための手段として、丁寧に提案をしてくれる会社は売却をスムーズに進められるでしょう。

ポイント5:営業店舗が多い
営業店舗が多いということは、それだけネットワークも広いということです。
購入希望者へ情報が届く可能性が高まります。

ポイント6:対応が早い
スピーディーな対応ができるのかも重要なポイントです。
問い合わせや質問への回答、アポイントメントの日時調整など、を早急に済ませられる方が安心できますよね。
早急に売却するためにも重要なポイントです。

ポイント7:親身である
ご自身の担当者が親身であるかは重要なポイントです。
自社の利益よりも売主の利益を追求してくれるかどうかを見極めることが大切です。
希望のヒアリングや相談時の対応から信頼できるかを判断してみてください。

ポイント8:売却実績が豊富
一言に不動産と言っても、戸建てやマンションなどさまざまですよね。
会社によって得意不得意は存在します。
ホームページの実績を見ることも重要です。

□大手と地元のメリットとデメリット

ここまでは不動産会社を選ぶ際のポイントを紹介しました。
ここからは大手と地元の不動産におけるそれぞれのメリットデメリットを紹介します。

*大手のメリット

・宣伝力
・広告力
・ブランド力
宣伝力や広告力というのは地元の不動産会社にはないメリットと言えるでしょう。
買い手を早く見つけたいという場合にはとても大きなメリットになりますよ。
また、もし自分が買い手であれば失敗はしたくないですよね。
こうした場合に大手のネームバリューがあれば安心して購入ができますよね。

*大手のデメリット

・事務的に感じられる
・不動産の囲い込み
大手の場合は担当者が扱う不動産の数も増えてきます。
そのため、親身に話を聞いてくれないことがあるでしょう。
最低限の連絡しかもらえないことも考えられます。

囲い込みというのは不動産を公開せずに自社の中で買い手を探そうとすることです。
囲い込みをされてしまうと、売主は損をしてしまう可能性が非常に高いです。

*地元のメリット

・親身になってくれる人がいる
・独自の情報網がある
不動産の売却というのは1〜2日で終わるものではありませんよね。
売れるまでしっかりとサポートしてくれる、信頼感があって不動産のことを任せられる担当者が見つかりやすいです。

また、大手だけが広い情報網を持っているというわけではありません。
地元密着型の会社の場合は、深い人脈を持っているため、その地域限定で不動産を探している方にヒットすることもあります。
また、経験が豊富で周辺環境や地域の様子といった不動産以外の情報面で支えてくれることもあるでしょう。

*地元のデメリット

・大手に劣る宣伝力
やはり大手の宣伝力には敵わない部分があるでしょう。
不動産の情報サイトでも大手は優遇されている部分があるので、ここは仕方がない部分と言えます。

□まとめ

今回は、不動産会社の選び方について紹介しました。
紹介したポイントやメリットデメリットを考慮した上で、納得のいく会社を見つけていただければ幸いです。
また、不動産の売却を検討中で何かお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。