不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

築20年の一戸建てに価値はあるの?高額で売却するコツをご紹介します!

「築20年が経過した一戸建て住宅はどれくらいで売れるの」
このように思われる方が多くいらっしゃいます。
築20年も経過していたらリフォームする必要があるとも思いますよね。
そこで今回は築20年の住宅を高額で売却するためのコツと家を売却する前にリフォームは行うべきなのかについてご紹介します。

□築20年超の住宅を高額で売却する方法とは?

ここでは築20年の住宅を高額で売却する方法についてご紹介します。

*不動産会社に依頼する

不動産の売却価格は不動産会社が査定した金額をもとに決められるので、不動産会社によって異なります。
丁寧に説明をできない会社もあり、安値で買取をしようと考えている業者も少なくありません。

信頼を持てる不動産会社に依頼することで、より適正な価格で買い取ってもらうことが重要です。
当社は経験豊富な従業員が多くいるため、お客様のご希望に沿った不動産売却をご提供します。
ご質問があれば、いつでもお問い合わせください。

*余裕をもってスケジュール管理を行う

不動産売却は長期的に考えることが大切です。
さまざまな不動産買取だけでなく、さまざまな選択肢が見えてくるでしょう。
不動産売却を行う際には、仲介を行ってもらい、売却する方が買取よりも高いので、スケジュールに余裕を持たせることは大切です。

*瑕疵保険を利用する

瑕疵保険を利用することも1つの方法です。
瑕疵保険とは不動産を所有するのとは関係のない第三者に依頼して、不動産としての機能性に問題がないことを証明するものです。
これがあると築20年を超える不動産は売却価格が上がりやすくなるので、確認しておきましょう。

□住宅を売却する前にリフォームをするべき?

結論から申し上げますと、売却のために大きなリフォームを行う必要はないでしょう。
高額なリフォームを行ったとしても、そのコスト分が不動産の売却価格に反映されるとは限らないからです。

築20年を超える物件を購入される方の多くはリフォームやリノベーションを行うことを前提として購入される方が多いです。
そのため、売り主側がリノベーションやリフォームをするよりも、購入後にリフォーム、リノベーションを行った方が自分の趣味を反映できて良いと考えている方も少なくありません。

これらを踏まえて、リフォームを行う必要はないでしょう。

□まとめ

今回は築20年を超える住宅の売却を高額で売却する方法とリフォームが必要なのかということについてご紹介しました。
今回の記事を参考に築20年超の不動産売却をご検討している方はぜひ当社までご連絡ください。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。