不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

マンションの空き家を売却する際にかかる費用とは?売却のコツもご紹介!

マンションの空き家をどのように処分しようかお困りの方も多くいらっしゃるでしょう。
マンションの空き家を売却する際にかかる費用が分からない、どうやって売ればいいのか分からない、そのような方も多いはずです。
そこで今回は空き家のマンションの売却時にかかる費用と空き家を売るためのコツについてご紹介します。

□空き家のマンションを売る際にかかる費用はどれくらい?

空き家のマンションを売却する際にかかる費用は3つあります。

*修繕費

空き家として放置されていた期間が長い場合や、建ってから長い年月が経っているマンションは劣化していたり、傷みがあったりするケースがあります。
その際には売却の前に修繕が必要です。
リノベーション工事のように大規模な補修工事を行う際には費用が高くなってしまうこともありますので、注意しましょう。

*不動産売買手続きにおける諸費用

不動産売買を行う際は登記費用や印紙税のような費用のほかにも、司法書士に支払う報酬があります。
手続きを自分で行える場合は報酬分を支払う必要はありませんが、知識がないと手続きは難しいので、司法書士に依頼するのが一般的です。
不動産会社に仲介の依頼をした場合にも同様に仲介手数料がかかります。

*一括返済費用

マンションのローンが完済していない場合には、売却できません。
売却を行うためにはローンを一括で完済し、抵当権の抹消が必要です。
この手続きにも費用を設定している金融機関が多いので、確認しておくと良いでしょう。

□空き家を売るためのコツとは?

ここでは空き家を売却する際に重要なコツを4つご紹介します。

1つ目は、売り出し期間に余裕を持たせることです。
空き家を売却した方のうち、半数以上が半年以上かかっています。
そのため、空き家の売却では半年以上はかかるということを想定して売却活動を行うと良いでしょう。

2つ目は、売り出し価格をやや高めに設定することです。
空き家を売却する際には不動産会社からの査定を受けますが、査定額は自由に設定できるので、従う必要はありません。
また、値下げ交渉が行われるケースが多いので、それを想定したうえでやや高めに金額を設定するのがおすすめです。

3つ目は、空き家の掃除や換気をこまめに行っておくことです。
掃除や換気をこまめに行っておくことで、内見の際には良い印象を与えられ、売却できる可能性が高まります。
特に水まわりを重点的に掃除して、ニオイが気にならないようにしましょう。

□まとめ

今回は空き家のマンションを売却する際にかかる費用と空き家を売るためのコツについてご紹介しました。
今回の記事を参考に空き家売却でお困りの方はぜひ当社までご連絡ください。
お待ちしております。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。