不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

不動産買取を検討中の方は必見!不動産買取のメリットについて紹介します!

相続されて使用していない空き家や引っ越しをしたいときに住んでいる家を売りたいと思うとき、どう家を売れば良いか迷う方は少なくないでしょう。
家を売る方法は空き家バンクや仲介などがありますが、その中でもおすすめしたいのが不動産買取です。
そこで今回は、不動産買取のメリットや利用するときの注意点などについて紹介します。

□不動産買取のメリット

すぐに現金化できることが、他の売却方法と異なる大きな点であり不動産買取のメリットの一つです。
不動産会社が仲介して買主を探すのではなく、不動産会社が買主となるため早ければ1週間または、それ以下の期間ですぐに現金化できるのでスピーディーに取引できます。

取引がスムーズに終わるのは売却時のことだけではなく、不動産会社が取引相手のため複雑な手続きを簡略化できます。
その他にも、内覧自体が不要のため、仲介売却のように何人いるかも分からない内覧者の希望で取引が滞ることもありません。

また、仲介手数料が取られないのも不動産買取ならではのメリットです。
不動産を売却するときにかかるコストの一つとして挙げられるのが仲介手数料ですが、これは不動産会社に買主を紹介してもらい、取引が成立した場合にかかる手数料です。

不動産会社が直接の買取主になる場合、どこも仲介していないため払う必要がありません。
市場よりも安い価格が査定額になってしまった場合でも、仲介手数料などを引くと相殺できる場合が多いため、早く物件を手放したい方には不動産買取がおすすめです。

□不動産買取を利用するときの注意点

不動産会社だからといって、どのような物件でも必ず買い取ってもらえるというわけにもいきません。

そのため、状態が悪過ぎる物件や築年数が古く、リフォームをするにもコストが大きくかかってしまうような物件は買取してもらえない可能性が高いです。
そのような物件の場合は、当社のように建物に不具合がある場合でも買取を行っている会社に査定してもらうのがおすすめです。

もう一つの注意点は、住宅ローンが完済していないと買取が行えないことです。
売却をするときは住宅ローンを完済していないとできませんが、これは買取でも共通します。
不動産会社が提示する査定額で残りの住宅ローンを完済できる場合は、問題なく取引が行えますが、それでも足りない場合は、自己資産を使って完済する必要があります。

□まとめ

今回は、不動産買取のメリットや利用するときの注意点について紹介しました。
不動産買取はとにかく早くに物件を手放したい方や面倒な手続きを簡略化したい方におすすめです。
当社は、できるだけお客様のご要望に沿った不動産買取を行っています。
不動産買取を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。