不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

中古マンションを高く売る方法とは?売却時のポイントを紹介します!

中古マンションを高く売るコツをご存じですか。
今回の記事では、マンションを売る際に気をつけて欲しい2つのポイントをご紹介します。
また、マンションを売る際の流れもご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□中古マンションを売る際の流れ

中古マンションを売る際の流れは以下の通りです。

1:売却準備
2:価格査定
3:書類提出
4:媒介契約
5:販売活動
6:売買契約
7:引き渡し
8:確定申告

マンションの売却には以上のように多くの行程があります。
途中で投げ出してしまわないよう、あらかじめ手順を把握しておき、スムーズに進めていきましょう。
この流れを知っておくことで、計画も立てやすくなるでしょう。
不安な点があれば、売却会社に逐次相談しましょう。

□マンションを高く売るコツ

1つ目は、内覧の準備をしっかりと行うことです。
内覧とは、購入希望者が購入前に行う物件の下見のことです。
この内覧で良いイメージを持ってもらえれば、マンションを高く売ることに繋がるでしょう。
逆に悪いイメージを持たれてしまうと、マンションを高く売れないどころか、購入してもらえなくなる可能性もあります。
そのため、内覧は重要視したいポイントです。

しかし、内覧の準備と言われて何をすればいいか分からない人も多いと思います。
そのような人は、以下の点を参考に準備してみてください。

・スリッパの新調
・掃除
・モノを減らす
・カーテン・扉を全て開ける
・購入時のパンフレットの用意
・アピールポイント、周辺環境に関するチラシの用意
・無臭にする

2つ目は、リフォームを行うことです。
売却資金に余裕がある場合、マンションをリフォームするのがおすすめです。
リフォームすることで物件が魅力的になり、購入につながるためです。
また、リフォーム代は売却代金に上乗せするため、回収は可能です。

ただし注意したいのが、過剰にリフォームを行わないことです。
リフォームすることによって魅力が増すと同時に、購入費用も増してしまうためです。

目安として、40万円程でできるリフォームを行うと良いでしょう。
ただしこれはあくまでも目安で、物件により変わってくるので、物件の担当者に相談をしておくことをおすすめします。

□まとめ

マンションの売却の行程は多いので、今回の記事を参考にしたり、売却会社に相談したりして、途中で挫折しないように心がけましょう。
また、内覧の際には家を綺麗にし、適宜リフォームを行うと効果的です。
今回の記事が皆さまの参考になれば幸いです。

=================
不動産の価格が知りたい方は、AI査定をご利用ください。
査定結果がすぐメールで送られてきます!
=================


=================
売却後の税金等についてご相談をご希望の方は、当社顧問の不動産専門税理士に初回無料でご相談が可能です!
=================

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。