不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

家を売る理由とは?家を売る際、理由を伝えるときの注意点も解説!

「家を売る理由は何なのか」
「家を売る際、理由を伝えるときの注意点が知りたい」
この記事では、家を売る理由や家を売る理由を伝えるときの注意点について紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。

□家を売る理由とは?

今回は家を売る理由を3つ紹介します。

1つ目は、相続した物件を売却することです。
親や兄弟など親族が亡くなってしまい相続したが、自分が住んでいる場所がある方は相続した家は空き家になってしまいます。
物件が遠方にあれば、管理することも難しいです。
そのため、家を売却するケースが多く見られます。

2つ目は、より良い住まいに住み替えるためです。
持ち家を売却することで資金を確保して、新居を購入するケースも多く見られます。
例を挙げると、1か月のスピード売却で理想の住み替えを実現された方がいます。
子供の進学の時期に合わせて、マンションから一戸建てに住み替えされていました。

ほかにも、子育てが終わったため、住み替えをされるケースもあります。
ライフステージによって、理想の住まいは変化するので臨機応変に住み替えることで快適な暮らしを実現できます。

3つ目は、ローン返済が困難な場合です。
自分の家を持ったが、冷静に状況を見つめ直した結果、売却という選択肢を取るのが賢明な判断になります。

□家を売る理由を伝えるときの注意点についてご紹介!

家を売る理由を伝えるときの注意点を2つ紹介します。

1つ目は、事件や事故があった場合、告知義務があることです。
家を売却するとき、売主は契約者不適合責任を負います。
これは、売却した家に契約書には記載されていない瑕疵があった場合、売主が責任を負わなければならないことです。
また、事件や事故なども、心理的瑕疵になるため当てはまります。

2つ目は、すべて正直に伝える必要はないことです。
家を売る理由を購入者にすべて正直に伝える際、離婚や借金返済などネガティブな理由であると購入をためらってしまう可能性があります。
また、たちが悪い方に引っかかってしまうと、縁起の悪い家を購入するのだからと値引きを迫ってくる方もいます。
ネガティブな伝え方をせずに、言い換えることでこのようなトラブルを回避しましょう。

□まとめ

この記事では、家を売る理由や家を売る理由を伝えるときの注意点について紹介しました。
この内容を参考にしていただければ幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
担当者が最後までサポートします。

=========================
まずは、不動産の価格が知りたい方は、AI査定をご利用ください。
査定結果がすぐメールで送られてきます!
=========================


=========================
売却後の税金等についてご相談をご希望の方は、
当社顧問の不動産専門税理士に初回無料でご相談が可能です!
=========================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。