不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

不動産売却で起きるトラブルとは?トラブルにあった時の対処法も解説!

不動産売却でトラブルが起きることを心配している方もいらっしゃるでしょう。
実際にトラブルに巻き込まれた経験を持っている方も少なくないですよね。
そこで、この記事では不動産売却で考えられるトラブルと、その対処法をご紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

□トラブルの事例を紹介します!

トラブルの種類には、大きく分けて【物件に関すること】・【契約に関するこ】とがあります。

例えば、物件に関するトラブルでは、不動産の引き渡しの後に不具合が見つかり、売主が責任を問われるというケースがあります。
これを瑕疵(かし)と言います。

瑕疵の例としては、物件を引き渡した後に住み始めてから雨漏りが見つかったり、シロアリの被害やそれによって構造部分が腐食していたりするというようなケースです。
このようなトラブルが起きる理由としては、売主が売買条件で不利にならないように、物件の状況を明らかにしないことなどがあります。
このように、不利になることを隠していると後々損害賠償が請求される可能性があります。

そのため、事前に不動産会社がプロの目から見て瑕疵がないかを探します。

続いて、契約に関するトラブルについて解説します。
これは、買主が売買契約を結んだ後に突然自分の都合で契約を解除するなどのケースです。
この場合は、手付金を放棄してもらい、契約を解除します。
契約の履行を進めている段階で契約解除を申し出られた場合には、契約違反となるため、違約金を請求することが可能です。

ただし、契約が白紙に戻るということは、もう一度最初から買主を探すことになり、費用も手間もかかります。
そのため、事前に買主をよく見極めて契約を進めるようにしましょう。

□不動産売却でトラブルに遭ってしまった場合の解決策をご紹介します

まず、問題が起きた場合は不動産会社に相談しましょう。
しっかりと対応してくれる不動産会社であれば、買主と売主の間に入り、場合によっては弁護士や司法書士の紹介などもしてもらえるでしょう。

不動産会社以外の機関に相談したいという場合は、消費生活センターや法テラス、全国宅地取引業協会連合会などに相談すると、トラブル解決に向けて働いてくれるでしょう。

□まとめ

この記事では、不動産の売却で起きる可能性があるトラブルと、トラブルにあった時の対処法を紹介しました。
不動産のような専門知識が必要な分野は信頼できるプロに任せることをお勧めします。
当社では、皆様のお悩みを伺いながらトラブルの解決を図りますのでぜひご相談ください。

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。