不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

空き家解体で起こりうるトラブルとは?トラブルを避けるポイントを解説!

「空き家を解体したいが、解体で起こりうるトラブルはあるのだろうか」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、空き家の解体で起こりうるトラブルと、それらを避けるためのポイントを解説します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

□空き家の解体工事で実際に起こりうるトラブルをご紹介します!

1つ目が、解体工事における騒音です。
解体工事を行う上で、建物やコンクリートを壊す必要があります。
そのため、工事に伴う騒音は避けられません。

工事の時間は、早い場合だと朝の8時ごろには機械音が近隣に響くでしょう。
最近は、在宅ワークの方も増えているので、クレームにつながる恐れもあるでしょう。

2つ目が、粉塵や埃などによる空気の悪化です。
解体工事を行っている期間は、粉塵や埃が舞ってしまいます。
そのため、近隣の方は洗濯物が汚れてしまったりすることが考えられます。
養生シートを使うことである程度は避けられますが、期間中は近隣の方の協力が必要でしょう。

3つ目が、解体の作業員のマナーの悪さです。
これは、全員に当てはまるわけではありません。
しかし、騒音や粉塵などの被害について、近隣の方が作業員に相談した時に、愛想悪く対応されたなどのことで、トラブルになることがあります。

解体工事の期間には、このような様々なトラブルが起こり得ます。
そのため、事前に把握しておき、近隣住民の理解を得ておきましょう。

□解体工事でトラブルを避けるためのポイントについて解説します!

続いて、先述したようなトラブルを避けるためのポイントを解説します。

1つ目が、近隣への挨拶を重視することです。
工事の前に近隣住民に挨拶をすることはマナーです。
その際に、工程表など迷惑をかける期間が明確になるような資料を持参しておくと良いでしょう。
挨拶なしに工事を始めてしまうのは、トラブルのもとになります。
必ず挨拶するようにしましょう。

2つ目が、解体工事の実績を確認することです。
解体工事の実績がある会社であれば、もし何かトラブルが起きた時でも、丁寧に対処してくれるでしょう。
解体工事の実績などをホームページやパンフレットで確認して経験豊富な当社のような会社を選びましょう。

3つ目が、追加工事の費用の規定などを確認することです。
工事を進めていく段階で、追加の作業が必要になった場合に、事前に追加費用と工事の説明がなければトラブルにつながります。
説明をしっかりとしてくれるのかを確認しましょう。

□まとめ

この記事では、空き家の解体で起こりうるトラブルと、それらを避けるためのポイントを解説しました。
解体工事では様々なトラブルが考えられます。
不安な方はぜひ当社に一度ご相談ください。

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。