不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

不動産を売ると良いことがある?売却のメリットをご紹介します!

「不動産を売ろうか迷っているが、どのようなメリットがあるかわからない」
「不動産を売るのが不安」
このようにお悩みの方は少なくありません。
今回の記事では、不動産を売却するメリットについてご紹介します。
この記事を参考にして、ぜひ不動産売却を考えてみてくださいね。

□不動産を売却するメリットとは

不動産を売却するメリットは、主に4つあります。

1つ目は、不動産の現金化です。
親や親戚などから相続したものの、誰も住んでいない空き家は維持費がかかりますよね。
このような不動産は売却することで現金を得られ、生活費にも充てられます。

2つ目は、ローンの完済です。
ローンの返済にお困りであれば、不動産を売りに出すことでローンを完済できます。
また、ローンを組む時に支払った火災保険料や保証料などが、不動産売却によっては返ってくる場合があります。

3つ目は、税金の軽減です。
物件を所有していると、何かと税金がかかってきますよね。
都市計画税や固定資産税などは、不動産を売ることで軽減できます。

4つ目は、他の住まいへの買い替えです。
不動産を売却して得たお金を資金にして、新しい物件を探せます。
新しい家に引っ越ししたいとお考えの方はお得と言えるでしょう。

□不動産の売却理由で多いものとは?

前述したように、不動産を売却するメリットはたくさんあります。
不動産を売りに出したいと思う理由は人それぞれですが、全国的な不動産を売却する理由として多いのは、「生活費に充てるため」です。
地方では「買主が希望したため」という理由が多いですが、東京、大阪、名古屋などの都市圏では「生活費に充てるため」が最も多い割合を占めています。
その次に全国平均の割合が高かったのが「買主が希望したため」です。

3番目に多いのが「建設資金購入資金」です。
不動産を売却するメリットの4つ目にあげた、「他の住まいへの買い替え」に関する理由だと考えられますよね。
元々所有していた住まいを売りに出すことで、新しい住まいの建設資金を貯めようとしている方は全国的にも多いです。

4番目に多いのは、「借入金返済」です。
不動産を売却することで住宅ローンだけでなく、その他の借入金の返済に充てる方もいらっしゃいます。

□まとめ

不動産を売却する前には、なぜ不動産を売りたいのかもう一度考えてみることがおすすめです。
不動産売却に関してお悩みの方は、お気軽に当社までご相談ください。
お客様のお悩みや質問に、真摯にお答えします。
今回の記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。