不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

不動産を売ろうとしている方へ!不動産の売却前後の注意点をご紹介します!

不動産を売却する時には、いくつか注意しておきたいことがあります。
そこで今回は、不動産を売却する時に気をつけたいことをご紹介します。
不動産を売りに出すためには、多くの書類や時間が必要です。
作業時間を無駄にしないためにも、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

不動産の売却前に注意したいこととは?

不動産を売り出す前に注意したい点は、大きく分けて3つあります。
1つ目は、売却相場の見極めです。
売り出し価格を不動産会社と相談して決める前に、ご自身で周辺地域の不動産売却価格を調べておくのをおすすめします。
近隣の物件がどのぐらいの値段で売られているのかを確認することで、ご自身の物件がどのぐらいで売れるのかを把握できます。

2つ目は、状況に合わせた売却方法の選択です。
この日までには売却しなければいけないという期限がある場合は、その売却期限までに間に合うように売却方法を選択しましょう。
また、不動産会社が仲介する売却であれば、不動産会社にいつ頃には売却したいかをしっかりと伝えておくと良いでしょう。

3つ目は、不動産の売却にかかる費用の計算です。
不動産を売却する場合は収益を得るだけではなく、不動産を売却するまでに費用がかかることがほとんどです。
売却するまでにどのぐらいの手数料や税金がかかるのかを事前にチェックしておきましょう。

不動産売却開始後の注意点とは?

不動産を売り出した後に注意したい点は、主に3つあります。

1つ目は、売買契約書です。
不動産の売却契約をする時には、その契約書の内容をしっかりと目を通しましょう。
売買契約書には、その不動産をいくらで売却するか、いつ買手に引き渡すのかなど、重要事項が記載されています。

契約書に誤りが無いか、判子を押す前にもう1度確認するようにしましょう。
契約締結後に契約内容を変更しようとすると、違約金が発生してしまう可能性があるため、注意しましょう。

2つ目は、控除です。
不動産を売却する場合によっては、控除が使えるケースがあります。
控除を利用したいと考えている場合は、控除を利用するための条件を詳しく確認することと、確定申告を必ず行いましょう。

3つ目は、内覧です。
物件の内覧が決まったのであれば、すぐに掃除を開始しましょう。
物件も人と同じように第一印象が肝心です。
掃除できるところは徹底的にきれいにするようにしましょう。

まとめ

不動産を売却した後に後悔しないためにも、手続きは常に慎重に行うと良いでしょう。

当社は早く確実に不動産を売却したい方にぴったりのサービスを提供致しております。
不動産を確実に売りたい方は、当社にお任せください。

 

 

 

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。