不動産・建築業界に精通するプロフェッショナルスタッフが
知って得する不動産知識をお届けします

土地を高く・早く売る方法は?不動産売却をお考えの方へ!

「土地を高く売りたい」
「土地を高く売りたいが、それよりも早く売ることを重視している」

土地売却をお考えで、このような考えをお持ちの方は多いです。
また、そのために何をすべきか知らない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回の記事では、土地を高く売るための方法をご紹介します。
早く売るための方法もご紹介しますので、土地の売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

□土地を高く売る方法とは?

ここでは、土地を高く売る方法を3つご紹介します。

1つ目は値下げを見越した価格設定を行う
土地を高く売るためには、値下げを見越した価格設定をすることがおすすめです。
その理由として、購入希望者から値下げ交渉をされ、成約価格が売り出し価格よりも低くなるケースが多いことが挙げられます。
最終的には交渉によって成約価格が下がることになりますが、適正価格を下回ることはないでしょう。

2つ目古家付きで土地を売る
古屋付きで土地売却をすることで、高値で取引していただける可能性が高まります。
その理由は、更地を購入する場合は住宅ローンが受けられないのに対し、古屋付きで土地を購入する場合は住宅ローンの融資を受けられるからです。
また、古家を取り壊して更地にする費用を考慮すると、取り壊さずに売りに出した方が出費を抑えられます。
そのため、古屋が建っている場合は、そのまま売り出すことも検討してみてくださいね。

3つ目は、実勢価格の相場が高い時期に売却することです。
実勢価格とは、実際に土地が売れた価格のことを指します。
国土交通省が「不動産取引価格情報検索」にて実勢価格を掲載していますので、こちらを参考にしてみることもおすすめです。

□早く売る方法をご紹介!

土地を早く売る方法として、不動産会社に買取をしてもらうことが挙げられます。
不動産会社は査定額を算出した後、その土地を購入をしてくれるため、早く売りたい人にとってはベストな方法なのです。
当社では、お持ちの不動産の買取についてのご相談会を無料で行っております。
また当社が直接的に不動産を買い取る場合、仲介手数料が発生しないので、仲介売却時の最終利益と遜色ない価格で取引が行えますのでぜひご検討くださいませ。

□まとめ

今回の記事では、土地を高く売る方法と土地を早く売る方法をご紹介しました。
本記事が土地売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
当社では不動案売却のお手伝いをしておりますので、何かお困りの際はぜひお気軽にご相談ください。

=================
LINEで相談したい方はコチラ
=================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。