お役立ちブログ

Blog

2022.05.18  BLOG

不要になった家や土地を手放す方法と注意点についてご紹介!

「不要になった家や土地を手放す方法について知りたい」
「家を手放す際の注意点がわからない」

この記事では、不要になった家や土地を手放す方法と注意点について紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。

□不要になった家や土地を手放す方法をご紹介!

不要になった空き家と土地を処分するにあたって2つの方法があります。

まず、空き家と土地を売却することです。
需要の多いエリアや建物の良い状態であれば、売却益に期待できます。

また、一見して荒れた家は悪印象なうえ、空き巣被害といったトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

売却活動では内覧の機会があるので、売却が決まるまで家を定期的にメンテナンスしておきましょう。

次に、空き家・土地を寄付することです。
売却の手間がかからず、寄付で社会貢献できるという2つのメリットがあります。
寄付先が個人・法人の場合は、贈与税などの税金がかかる場合があるので注意が必要です。
個人間で寄付する場合、トラブルが起きる可能性があるため贈与契約書を作成しておきましょう。

□家を手放す際の注意点をご紹介!

家を手放す際の注意点について3つ紹介します。

1つ目は、家だけの放棄はできません。
家を取得しない場合、相続放棄を選択できますが、これを選ぶと家だけでなくそのほかの財産も相続できなくなります。

新築の住宅の価格は上昇傾向にあり、新築は高いから中古物件を購入・リフォームして活用したいと考える方に売却できる可能性があります。
他の財産も相続したい方は、いらない家でも一度相続して、その後に売却や別の方法での処分や活用を考えることをおすすめします。

2つ目は、売却時には家を空にしましょう。
売却の際は、家を空にしてから引き渡す必要があります。

3つ目は、事前に相場を調べておきましょう。
相場価格以下で売却すると、物件の管理にかかるコストを回収できずに、損失が発生することもあるので注意が必要です。

また、相場以上の価格であると、売却までたどり着きにくいです。
相場価格は、査定価格を参考にして、周辺の似た物件の取引事例をチェックすることをおすすめします。
売り出し価格の設定次第で、売却がスムーズにできるかどうか決まるため、事前の調査をしっかり行いましょう。

□まとめ

この記事では、不要になった家や土地を手放す方法と注意点について紹介しました。
この内容を参考にしていただけると幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
担当者がしっかりサポートします。

=========================
まずは、不動産の価格が知りたい方は、AI査定をご利用ください。
査定結果がすぐメールで送られてきます!
=========================


=========================
売却後の税金等についてご相談をご希望の方は、
当社顧問の不動産専門税理士に初回無料でご相談が可能です!
=========================

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。