お役立ちブログ

Blog

2022.04.03  BLOG

空き家売却の注意点とは?売る際のコツもご紹介!

「空き家を売却したいが、どのようなことに気をつければ良いのだろう」
「そもそも空き家は売れるのだろうか」
このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。
この記事では、空き家売却の注意点と、売る際のコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□空き家を売却する際の注意点を解説!

まずは、空き家を売却する際の注意点を見ていきましょう。

1つ目が、原則として名義人でなければ売却できないということです。
空き家で多いのが、両親が住んでいた家を使わなくなっていて放置していたため名義
が変更されていないというケースです。
この場合は、贈与か相続をして名義変更をしなければなりません。

2つ目が、売却方法は複数あるということです。
空きの売却には、築古一戸建てとして売却、更地として売却、買取の3つの方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、よく理解してから選びましょう。

3つ目が、管理を怠ると特定空き家に指定されることです。
これは、空き家を放置している人が特に注意しなければならないものです。
特定空き家に指定されると、課税の標準額が6倍になり、税金がかなり高くなります。

4つ目が、更地にする場合は建物を取り壊す時期に注意することです。
更地にすることで、それまで適用になっていた「住宅用地の特例措置」の対象から外れてしまいます。
つまり、更地にすると固定資産税は6倍になるのです。
固定資産税の基準日を意識して、建物の解体をしましょう。

□空き家を確実に売却するコツをご紹介!

続いて、空き家を確実に売却するためのコツをご紹介します。

1つ目が、空き家売却の実績がある不動産会社を選ぶことです。
不動産会社と一言で言っても、得意分野が異なります。
そのため、当社のような空き家の売却実績がある不動産会社を選びましょう。

2つ目が、空き家の片付け・掃除・換気をすることです。
不用品が残った状態で査定を受けると、マイナスに響くことがあります。
さらに、特に水回りについては重点的に掃除をしておくことをおすすめします。
また、瑕疵がある場合は事前に改善しておきましょう。

特に、シロアリ雨漏りがある場合は、売れにくいだけでなく売却後にトラブルになる恐れがありますので注意しましょう。

□まとめ

この記事では、空き家売却の注意点と、空き家を売る際のコツについてご紹介しました。
空き家の売却を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。
丁寧なヒアリングの上、ご対応いたします。

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士(登録番号:(東京)第230722号)
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は11年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。