お役立ちブログ

Blog

2022.03.14  BLOG

不動産会社に仲介してもらって物件を売却する流れをご紹介します!

「不動産を売りに出したいが、何から始めたら良いのか分からない」
このようにお考えの方は少なくありません。
今回の記事では、不動産売却を不動産会社に仲介してもらう場合の流れをご紹介します。
何から始めれば良いのか分からない方も、ぜひ今回の記事を参考にして準備を進めてみてくださいね。

□不動産売却の流れについて

不動産を売却するには、大まかに分けて4つの段階があります。

1番目は情報収集です。
不動産の価格は、売りたいエリアによって差が出るため必ず情報収集をしましょう。
不動産を売りたい地域では、どのような価格帯で売買が行われているのかをチェックしてみましょう。
周辺地域の売却価格を事前に調べておくことにより、仲介会社に不当な売却価格を提示された場合でも気付けます。

2番目は、相談です。
周辺情報をある程度調べた後は、売却を仲介してもらう不動産会社に相談しましょう。
いつまでに不動産を売りたいのか、また大体の希望売却価格を相談の場で不動産会社に伝えることがおすすめです。
話し合いを進める中で、すれ違いが起きないためにも初めの時期からどのように不動産を売却したいのかを明確に伝えるようにしましょう。

3番目は、物件の査定です。
不動産会社の担当者が物件の査定を行います。
この査定では、いくらで売却できるのか目安を立てます。
訪問査定の方が机上査定よりも高い精度で査定してくれます。

4番目は媒介契約です。
仲介に入ってもらう不動産会社が決まれば、その会社と契約を結びます。
売りに出す価格や、売却した時に不動産会社に支払う報酬金額などを決めます。

□ある程度流れを理解した後に行うこととは?

不動産売却の流れが掴めてきたら、以下の2つのことを行いましょう。

1つ目は、不動産売却にかかる費用と税金の把握です。
不動産を売却し、収益が出た場合には所得税と住民税がかかります。
その他にも、仲介費用がどれぐらいになるのかなど、不動産を売る時にかかる費用も把握しておくことをおすすめします。

2つ目は、売り時の見極めです。
不動産の値段は、その土地ごとに大きく変動します。
そのため、売ろうと考えている不動産がある場合は、その周辺地域で土地の再開発が行われる予定がないかを確認してみましょう。

□まとめ

不動産の売却には、流れがあります。
この大まかな流れを理解して準備を進めていくことで、スムーズに売却を行えるでしょう。
どの不動産会社を選べば良いか分からない方は、ぜひ当社にお任せください。
お客様のお悩みや質問に真摯に対応させていただきます。

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士(登録番号:(東京)第230722号)
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は11年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。