お役立ちブログ

Blog

2022.03.10  BLOG

土地を売却するのにベストなタイミングはいつ?売らない方が良い時期もご紹介!

土地を売ろうかお考えの方は、土地の売却にはベストな時期があることをご存知でしょうか。
今回の記事では、土地を売却するベストタイミングについてご紹介します。
土地を売る場合にはぜひ今回の記事を参考にして、土地売却のベストタイミングに注目してみてください。

□土地を売るのに最適なタイミングとは

土地を売るタイミングは、ご自身の土地の所有期間から考えていきましょう。
土地を売って収益を得ると、その収益に対して所得税や住民税がかかります。
どれだけ土地を売って儲けが出たとしても、税金である程度取られてしまいます。
土地売却の収益にかかる税率は、所有期間が5年以下であれば所得税が30%、住民税が9%です。

一方で、土地の所有期間が5年以上である場合、税率は所得税が15%、住民税が9%と減額されます。
この所有期間は、売った年の1月1日で5年以上所有しているかどうかで決まります。
この所有期間変わる税率は、地域によって異なります。
地域によっては、10年以上の所有期間でさらに減税される場合があります。

お住まいの地域ではどのように減税が行われるのかを事前に調べておくことをおすすめします。
このように減税されるタイミングを見計らって売却に出すことで、収益に課税される税を小さくできます。
まずは、ご自身の土地の所有期間がどれくらいなのかを確認してみましょう。

□家を売らない方が良いタイミングとは?

ここからは、家を売りに出さないほうが良いタイミングを2つご紹介します。

1つ目は、相場価格が上昇中で、さらなる上昇が期待される時です。
土地の価格が上昇しているからといってすぐに土地を手放してしまわずにその後、さらに上昇する可能性があるのかを考えると良いでしょう。

さらなる上昇を予測するためのポイントはいくつかあります。
まずは、売りたい土地周辺に土地の再開発などがないかチェックしてみましょう。
不動産会社や不動産の相場価格に詳しい専門家にアドバイスをもらいながら、ベストタイミングを見極めることもポイントです。

2つ目は、税制優遇が適用されるか分からない時期です。
前述したように、土地の所有期間によって税率が下がる場合があります。
このような減税を受けられるかもしれない場合は、時期をしっかり確認するようにしましょう。
万が一、税制優遇措置がなされる前に売り出してしまった場合、後で後悔してしまうかもしれません。

□まとめ

今回は、土地を売る最適なタイミングをご紹介しました。
「自分では土地価格の上昇を予測するのが不安」
「所有期間の計算も自信がない」
このような土地の売却で疑問や不明点をお持ちの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

この記事の監修者

三好 海斗(みよし かいと)

セルフリジェネレーション合同会社 代表
宅地建物取引士
不動産賃貸経営管理士
既存住宅アドバイザー
1988年生まれの福島県出身。不動産業歴は13年。不動産賃貸・売買仲介をはじめ、投資用不動産、中古不動産仕入れ再販、中古不動産×リノベーションなど様々な不動産企業で経験を積み、セルフリジェネレーション合同会社を設立。2021年にメディア取材や自社サービスや取組みが各メディア(55社の媒体)へ掲載される。